歩行器 評価 – おすすめ:ベビーザらス限定 ベビーウォーカーミッキーマウス(スター)

お疲れ様です、子育て中のみなさん!


生後7ヶ月を過ぎたあたりから脇を抱えられながらも立つ喜びを覚え始めた我が家の長男。

もちろん膝はガクガクですが、まるで機動戦士の如く大地に立とうと頑張り始めてます。


この辺からずり這いも勢い増し増しで、ちょっと目を離すとあらぬ方向に進まれたり。

もういよいよ目が離せなくなってきました。


自分の脚で立つことがよっぽど楽しいのか、ご機嫌斜めのときも立たせると天使の笑顔を見せたり。

ここで買うべきか悩み始めるのが歩行器ではないでしょうか。

というか私が悩みました。


歩行器ってそれなりにデカいし、この数ヶ月しか使わないだろうし。。。

ただただ悩んでてもしょうがないので、取りあえずベビザらスに実際に見に行ってみました。


幸いなことにベビザらスでは展示品に乗せてもらうことができたので、いつくか乗らせてもらい最終的に購入しました。

購入した商品と迷った商品を、試乗させてもらった様子なども交えてご紹介したいと思います。

【歩行器 試乗1号】
カトージ ベビーウォーカー NewYorkBaby ホワイト

■メリット
おしゃれ
他と比べるとコンパクト
安い さすがカトージ

■デメリット
おもちゃがついてない
ストッパーがマットを張るタイプ
高さ調整ができない?

■総評
大人としてはデザインがシンプルでおしゃれなので、最初はこれにしようと思いました。

試乗した様子を見ても楽しそうに乗っており、ちょっと大き目の我が子でも安定してました。

歩行器としての最低限の役目はしっかりはたしているのでコスパはバツグンではないかなと。


ただ一点引っかかったのがストッパーです。


購入後の経験からもストッパーはまじで大事です。

私たちが購入したのは次に紹介するものなので、ストッパーについて詳しくはそちらで説明しようと思いますが、こっちのおしゃれな方にしなくてよかったと思ってます。

【歩行器 試乗2号】(これ購入)
ベビーザらス限定 ベビーウォーカーミッキーマウス(スター)

■メリット
おもちゃがついてる
ストッパーがしっかり付いてる
デザインは子供が好きそう

■デメリット
値段それなり
本体がややデカい
デザインが子供っぽい

■総評
私としては子供が生まれたとはいえ、家の中は少しでもおしゃれにしときたいと思ってるんです。

なので、子供っぽいデザインはなるべく避けたかったのですが、これに関しては機能が完璧過ぎました。


おもちゃがついてるので歩きながら遊べる。
そのおもちゃも簡単に取り外せるので、離乳食のときなどは外してテーブルとして使える。


あとなんと言ってもストッパー。
私としてはこのタイプのストッパーが付いてる歩行器を、強くおすすめします。

このストッパーは、ストッパーとなる脚(クレーン車などに付いてる車体を安定させるような脚)があって、ドリルのように回すと脚が地面に付き、歩行器が止まるという原理です。

上で紹介したものは足が接地する部分にマットを張らないといけないのでちょっとめんどくさいです。

ストッパーはいろんな場面で使うと思いますが、私たちは特に離乳食を食べさせるときによく使ってます。

バンボやバウンサーなど、イスだとなかなかじっとしているのが難しいですが、歩行器だと結構大人しくしててくれるのでかなり助かります。

離乳食を作ってるときはストッパー解放して自由に遊ばせ、できたら止めてすぐ食べさせることができるのですごく楽なんです。

これは使い始めてからの体験なので購入の参考にしてください。

この時期はデザインはなるべく諦めて育児がいかに楽に行えるかを重視するべきだと気付かされました。

あとこの歩行器、トイザらス限定デザインなのですが、他のデザインはamazonなどでも売ってます。

以上、歩行器の紹介でした。

歩行器が必要かと悩んでましたが、使ってみてやはり必要だということがわかりました。

転ぶこともなく、少し離れて家事もできるので重宝してます。

同じく悩まれてる方がいらっしゃったら参考にしていただければと思います。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク