【離乳食作りに必須】ハンドブレンダー 評価 ~ おすすめ:ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735

お疲れ様です、子育て中のみなさん!


今回は離乳食作りにあたって非常に便利だったハンドブレンダーをご紹介したいと思います。

現在月齢10ヶ月で1日3回食。

作っては洗って、作っては洗っての繰り返しです。。。

ストック作りなんかしようものなら1日キッチンに立って終わる、なんてこともあります。

バクバク食べてくれるの嬉しいんですけどね。


なので、なるべく効率的に行っていただき、少しでもパパ ママがゆっくりする時間を作ってもらえたらいいなと。


あとは実際に使って便利なものだったので、お友達やご家族の出産祝いなんかにしたら喜ばれるんじゃないかなと思います。

私のまわりにも来年出産する友達がいるので出産祝いにプレゼントしようかと思ってます。


そんな視点でも参考にしていただけたらうれしいです!

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735

ブラウンといえば我々男子的には毎朝の相棒、髭剃りで有名ですが、そのモーター技術やカット技術がこんなところで活かされてます。


離乳食作りにおいてはもうこいつがないと話にならないレベル。

墓まで持っていきたいレベル。


テンションが上がってしまいましたが、こいつは本当に便利なやつなんです。

スペックと説明

* サイズ:ブレンダー装着時/約幅70×奥行70×高さ400mm
* 電源:AC100V 50/60Hz
* 消費電力:400W
* 保証期間:1年間
* セット内容・付属品:本体(モーター部分)、ブレンダーシャフト、泡立て器、チョッパー(カッター)、専用計量カップ、専用スパチュラ
* 回転数:ブレンダー装着時/13,600 +- 300回
* 定格時間:ブレンダー/60秒、泡立て・チョッパー/120秒
* コード長:約1.2m
* 本体重量(kg):0.89
* 素材:素材・材質:本体/PP(ポリプロピレン)・TPE(熱可塑性エラストマー)樹脂、ブレンダーシャフト・泡だて器・チョッパー刃/ステンレス、チョッパー本体・専用計量カップ/SAN(スチレン・アクリロニトリル)樹脂、チョッパーフタ/PP(ポリプロピレン)、スパチュラ/PP(ポリプロピレン)・シリコン


2017年「ハンドミキサー」メーカー別金額シェアNo.1 第三者機関調べ 情報提供元:デロンギ・ジャパン株式会社

【ブラウンのノウハウを結集。使いやすさを追求したスマートスピードテクノロジー】
スマートスピードとは、自分の手の感覚でスピードコントロールができる機能
大きいボタンの握り具合によってスピードが変化し、食材に合わせてスピードを自由に変えられる
このパワーコントロールの実現により従来の製品にはできなかった繊細な調理が可能となった

【調理をスピーディーにこなすパワフルモーターと独自のベル型シャフト】
ハンドブレンダーの命ともいえるモーターは、ブラウンが独自に開発した高品質ドイツ製
優れた基本性能で料理もカンタン、あっという間に出来上がる
また独自のベル型シャフトはしっかり食材を巻き込むから仕上がりが均一に
毎朝の健康スムージーもおいしく、簡単に作ることができる

【お手入れ簡単。だから毎日使いたくなる】
専用計量カップに洗剤とぬるま湯を入れて10~20秒スイッチを入れるだけで容器と刃の周りのお手入れができる、簡単お手入れ
また本体(モーター部分)、フードプロセッサー接続部、泡立て器接続部以外は食器洗い機で洗える

【デイリーに使いこなせる、1台4役のスタンダードモデル】
ふだんよく使う「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」を簡単に使いこなせるので、毎日手軽に、ひと手間かけた料理が楽しめる

【調理中の鍋にそのまま使える】
ポタージュやパスタソースなどを作る際も、鍋やボウルの中で直接調理できる
使用時は、必ず鍋を火からおろし、ブレンダー先端部を材料の中にしっかりいれること

【周囲が汚れにくい、飛び散り防止設計】
ブレンダーの回転刃カバーには飛び散りを防止する独自の設計を採用
キッチンや衣服を汚す心配が少ないので、いつでもどこでも使える

【握りやすくて、扱いラクラク】
独自の人間工学に基づいたスリム&フィット形状のグリップ
すっと手になじむだけでなく、しっかり持てて滑りにくいので、ハイパワーでの使用時でも手軽に扱える

【アタッチメント交換も自由自在】
「ボタンを押す」の簡単な操作でアタッチメントの交換が可能
使いたい機能にすぐチェンジできるので、料理の段取りや流れを妨げることなくスムーズに調理ができる

オリジナルレシピブック付き

取扱説明書をお読みの上、正しくお使いください


以上、amazonの商品紹介から抜粋です。

使い方や使う場面

基本的にはコードの付いてる本体にモーターが入っており、各パーツに差し替えることでその先のシャフトが回転し、それぞれの用途で使用することができます。

こいつが本体で、このコネクト部に各パーツをドッキングします。

この指の掛かってるのがスイッチで、

こうすることで本体がドッキングしてる先のパーツが回転し、無双してくれます。
握る強さで回転の強弱調整もできます。

なんでもペースト化するマン

ドッキングパーツはなんとなく男心がくすぐられるこれ。

こいつなんでもペーストにしやがります。

もうゴックン期なんか食材さえ決まればOK。

先っぽはこんな風になっており、飛び散り防止しつつ、いい感じに混ぜてくれます。


食材は専用カップにいれてブレンダーをぶち込んでもいいし、ボウルや鍋に直接こいつをぶち込んでも大丈夫です。

スムージーなんかでの使用も推奨されているので、離乳食が終わったあとでも結構長く使えそうです。

なんでもみじん切りするマン

モグモグ期はみじん切りで食感や粒感を残していくのですがそのときはこのパーツ。
この世の全てをみじん切りにする勢いです。

このブレードがセットされたカップに食材を入れ、

このフタを閉める。

このフタに本体をドッキングし、スイッチオンすると中のブレードが回転してみじん切りにしてくれます。

底には滑り止めも付いているので安全対策もバッチリ!

まとめ

ゴックン期あたりは裏ごし器による裏ごし地獄でしたが、、、、


ハンドブレンダーはみじん切りもペーストも簡単にできる神ツールです。

うちはモグモグ期になってから使い始めましたが、最初からこれがあれば裏ごし器と出会わずに済んだのに。。


もちろんストック作りがめっちゃ楽です。

裏ごし器だと量に比例して作業量も増えますが、このハンドブレンダー君はそんなのものともしない。

数秒スイッチ入れてる時間を長くするだけ。

このブラウン ハンドブレンダー、個人的には出産祝いで喜ばれるもの筆頭だと思います。

ちょっと値が張るので自分たちだとどうしても手が出にくいですし。

以上、参考にしていただければと思います。


それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク